40代の転職に資格って意味ある? 時間がない40代のために、資格取得の罠を解説します。

Jobchange

みなさん、こんにちは!会社員ブロガーのたけし(@ohatake007)です。最近、簿記の本を買って勉強しているのですが、

3級でも以外に難しく感じて、心がボキッっと折れてます。簿記の勉強で心がボキッと・・・。はい。さてさて、

ところであなたは、こんな悩みをお持ちではないでしょうか?

悩んでいる人

悩んでいるあなた「40代の転職は、かなり厳しくて、資格取って転職を有利に進めたいです。しかし40代でも有利になる資格ってなんだろう?無駄な資格を取る時間はないし、資格取っても転職に役に立たなかったら、マジ悲しいです。だれか教えてください。」

あるあるですね。40代の転職はほんとうに厳しいです。ただし無駄に資格の勉強をしても時間が過ぎるばかりで、気が付けば50代がすぐそこ・・・という感じに。時間を無駄にできない40代のあなた。資格取得が無駄にならないように解説します。

40代の転職に資格って意味ある? 時間がない40代のために、資格取得の罠を解説します。

時間がないあなたのために、厳しい事言います。「実務経験がない分野の資格取得は、諦めましょう」なぜでしょうか?「未経験の40代を雇う企業は少ないからです。」40代ともなると、実務経験を求められます。つまり即戦力になる必要があるのです。

転職して1ヶ月くらいで、社内の制度や、仕事のやり方を覚えて、「あとは頼んだぞ!」って感じになるはずです。「初心者なんで丁寧に教えてくださいね」っていう40代いりますかね?あなたが採用担当だったらどうですかね?絶対採用しないですよね。

さらに言うと、実務経験だけではなくて、マネジメントスキルも求められます。チームや部下をまとめる能力です。いろいろな求人情報みると一目瞭然です。なので資格取るなら、経験がある分野をさらに伸ばせるような資格にしましょう。

そもそも資格よりも実務能力が大事です。

ペーパードライバーは意味なし。ということです。履歴書でよく見る資格に、パソコン系の資格があります。ExcelとかWordスペシャリストなんとかって感じのやつですね。そんでその人に、聞いてみるとこんな答えが返ってきます。

「パソコン得意なんですか?」返答「いや~ずいぶん前に取ったので、あまり自信ないです。最近仕事であまりパソコン使わない部門だったし・・・」こうなっては意味ないんですよ。

それより資格はないけどこっちのほうが、だんせん良いです。「Excel関数はだいたい分かりますし、ピボットテーブル使って分析もできますよ、前職で在庫管理や売上管理の表は、自分で作成して管理業務してました!」

と自信ありげに言われたら、「へ~。この人使えるかも」ってなります。たしかに資格があると履歴書の見た目は良くなりますが、必要なのは実務経験です。

転職に役立つ資格ってなに?結局なんなの???

さきほども言いましたが、実務経験がある分野で、さらにあなたの能力や知識を伸ばせる資格を取りましょう。人事系なら、社労士。経理なら簿記1級などですね。幅広い分野で活用できる語学力の資格でTOEICやTOEFLなどもあります。

資格っていろいろありますが、資格ビジネスの餌食にならないように、気を付けてください。罠は多いですよ。資格とったはいいけど、あまり役にたってない。勉強で得た知識は大切ですけどね。求人案件を見ても、実際に優遇される資格は少ないです。

求人案件を見て、歓迎条件に書いてある資格が、転職するとき役立つ資格です。資格ビジネスの広告などに踊らされないようにしましょうね。

まとめ

40代の転職はとても厳しいです。トップクラスの人以外は、これが現実です。未経験な分野で勝負しても書類選考すら通りませんので、自分が経験してきた分野で、少し上を狙っていくのが、最適解だと思います。

無料で仕事探してくれるエージェントのリクルートエージェントdoda
に登録して、転職案件をチェックしつつ、

今の仕事をもう一つレベルアップ、スキルアップできるように、勉強し直しましょう。40代とはいえどコツコツの積み重ねが1年後にあなたを進化させているはずです。それでも、どうしても未経験な分野に興味があるなら、

副業で始めてみてはいかがですか?わざわざ本業で未経験分野に勝負して、年収さげることはないですよね。経験分野を伸ばしつつ、副業などでいろいろな経験を積む。これが令和時代のサラリーマンの世渡り術かと思います。

それでは、あなたの成功を祈っております。最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

ではまた会いしましょう。

⇒40代の転職を無料でサポートしてくれる転職エージェントについてもっと知りたいあなたへ