会社組織で働くのはもう疲れた・・・40代で転職したいけど一人でできる仕事ってなに?

Jobchange

あなたは組織の中で仕事することに向いていません。
40代まで組織で頑張ってきたと思いますが、人生の後半は無理せず自分らしく働きませんか?
20代や30代は組織で出世したいとか、みんなの和に入って楽しくやりたいとか、友達や知り合いが多いとなんだか充実した気分になったりします。

しかし本当のあなたはひとりが好きなのでは?

実は人付き合いに面倒くささを感じたり、一人が気楽で良いと思っていたり、飲み会だって誘われれば行くけど、自分から誘ったことはほぼない。
このように感じていたらあなたは一人で出来る仕事のほうが向いています。無理に人付き合いを広げたりするのはもう止めましょう。
友達や知り合いが少なくても自分らしく生きた方が楽ですよ。

この記事は以下のような悩みや考えを持つあなたに読んで欲しい。

  • 会社組織に疲れた
  • 人間関係に疲れた
  • 気分屋上司とオサラバしたい
  • 一人でマイペースで仕事したい
  • 大勢より一人仕事に向いている

さてさて、当ブログにお越し頂き、ありがとうございます。私は会社員ブロガーのたけし (@ohatake007)です。
今回は一人で出来る仕事について書いていきます。実現可能なラインナップで。

実は私もあなたと同じで一人が好きです。最初に書きましたが20代30代は知り合いが多いってことに変に満足してましたし、飲み会あればだいたいどこでも参加したり、幹事したり、主催したり、今考えると無理してたのかなと思っています。

あなたもそうですか?

そして40代になって転職を考えておられる。人付き合いに疲れたんですよね?分かりますよ。その気持ち。周りからは人付き合いは上手そうに見られたりするのに、当の本人は面倒くさ~と内心思っているんですよね。ということで人生後半は一人で出来る仕事で気楽に生きていきましょう。

ただし40代というのは老い始める年代と思われがちです。たしかに体力は落ちますが、知力はまだまだ伸ばせるはずです。ちなみに私も40才からこのブログサイトを運営スタートして、新しい知識をどんどん入れています。40代はまだまだやれますよ。自信持ちましょう。

さてそれでは40代からでも一人で出来そうな仕事や、10年後でも通用するためのスキルをリストアップしてみます。

ドライバー系

一人仕事の代表格ドライバー。タクシー、幼稚園の送迎、会社役員や行政幹部の送迎、スポーツクラブの送迎などなど。
ドライバーの需要は底知れず。自動運転になってドライバーの仕事が無くなると言われていますが、まだまだ先の話です。
事務所に帰ればウザイ上司、センター長みたいな人がいるかもですが、いざ仕事になると一人でやれます。運転免許があれば出来るので一人仕事が好きな人はピッタリです。

しかもタクシーなら個人タクシーで独立も目指せますので70才くらいまで働けそうです。60才で定年退職してアルバイト探すよりは断然いいですし、高齢化社会で需要はありますね。タクシー運転手、一人仕事の代表格として今後も注目です。

宅配運送系

2021年現在コロナで需要爆発しています。アマゾン配達やヤマト、佐川急便、ウーバーイーツなど食品配達、生協などなど、数えればキリがないほど宅配にお世話になっています。
こちらも自動運転やドローン配達技術が開発されていますが、まだまだ人手の配達がメインです。宅配系も個人事業で独立できまして、運転技術がキープできれば70才くらいまで働くことが可能です。
個人事業になれば企業との関係性を作らなければいけませんが、一人親方としてやっていけるので、面倒な人間関係が少なくなります。

一人仕事がしたいあなたにとってはオススメですね。

ガスや水道の検針

検針作業員もまだまだ人手です。最近はスマートメーターなるものが開発されて遠隔でメーターチェックできる技術もありますが、まだ普及が十分ではなく検針員が一件一件まわって検針しています。ギャラは一件200円くらいが相場ですかね。私は以前水道検針をやったことがあるのですが、慣れないうちは1時間に5件回るのは大変でした。バイク移動なのですが、目的地のマンションやアパート、戸建て住宅を見つけるのって意外に難しくて、ネットの地図見ながら四苦八苦した経験があります。慣れてくると6~7件は普通にまわれるようになるので、時給換算しても悪くはないかなと思いますよ。検針員の仕事も事務所に帰れば上司的な人はいるものの、ほとんど一人仕事です。自分が効率よく検針できるかどうかだけ集中してやればOKです。天候により大変な日もありますが、人間関係のストレスはゼロです。

ただしあまり求人が出ないので常にチェックしておきましょう。

WEBデザイナー

WEBデザイナーで自由になろう!的な広告をよく見かけますよね。しかしそんなにカンタンなものではない事を理解しましょう。WEBデザインって見た目が格好いいものを作ると思ったら大間違いで、いわゆるLP(ランディングページ)を作ったりします。

ユーザーに商品を売るWEBページです。どのような言葉、見た目、流れで商品を売るのか、その一連の流れをデザインします。絵のセンスがあるとかそういうことではないので、かなり勉強が必要でして、コーディングの知識も必須です。興味があれば書籍でも一冊読んでみて、勉強を始めてみましょう。

スキルを身に付ければフリーランスとして仕事もできますので、組織に属したくない人に人気があります。

プログラミング

プログラミング言語を勉強してフリーランスとして活動できます。フリーランスで活躍できれば企業に属するよりも年齢を気にせず仕事が出来るでしょう。仕事を受ける状態のレベルになるまで少し時間はかかりますが、2030年にはIT人材が数十万人不足すると言われています。

新しい技術がどんどんでてくるので常に勉強が必要ですが、仕事が取れるレベルになれば人に教えることもできるので、未来は明るいです。まずは無料の学習サイトで勉強してみてレベルを上げましょう。独学でも出来ますが、独学が難しそうな人はプログラミングスクールも検討しましょう。

ネットショップ

無料で開設できるネットショップがたくさんあります。いきなり独立は難しいですが、副業から始めてみましょう。売上が軌道にのってくれば人を雇ったり、オリジナル商品を作ったりすると、利益も出て独立起業も見えてきます。

ブログアフィリエイト

自分のサイトを作り、読者の悩みを解決する記事を書きます。その記事に広告や商品ページをリンクで置いておくと、読者が商品を購入すればあなたに手数料が入る。というものです。ブログアフィリエイトは稼ぐまでに時間がかかると言われています。

これは事実です。さらに文章で商品ページへの誘導が必要なので、文章術を学ぶ必要があります。ただし成功すると月に100万円を超える収入を手にすることも可能で一人仕事が好きな人には人気があります。一般的な仕事で月100万円超えってほぼ無理ですからね。夢がありますよね。挑戦する価値ありです。

まとめ

さていかがでしたか?思い切って転職するか、副業から始めるか。一人で出来る仕事に転職してめんどくさい人付き合いから解放されましょう。きっと人生楽しくなりますよ。人生の後半は気楽に生きましょう。