いまさら聞けないけど、仮想通貨って結局なんなの?【ブームに完全に乗り遅れたけど買ってみたい初心者向け】

投資

仮想通貨ブームに乗り遅れた人「仮想通貨買ってみたいけど、なんにも知らない。誰か分かりやすく教えてよ~~~」

なんだか仮想通貨が盛り上がってきてるので、買ってみたいけど仮想通貨ってよく分かんないし、ちょっと怖い。と思っているあなたの疑問に答えます。

いまさら聞けないけど、仮想通貨って結局なんなの?【ブームに完全に乗り遅れたけど買ってみたい初心者向け】

仮想通貨
  • 今さらだけど仮想通貨ってなに?
  • 仮想通貨ってどこで買えるの?
  • 販売所と取引所の違いってなに?
  • 仮想通貨って安全なの?
  • ブロックチェーンってなに?

今さらだけど仮想通貨ってなに?

仮想通貨ってなに?

暗号通貨とも呼ばれていますが、この記事では仮想通貨で統一します。仮想通貨はインターネット上で存在している通貨です。インターネット上で動いている、流通しているとも言えます。私たちが生活で使っている日本円は、

銀行やコンビニのATMで「現金」として引き出せますが、仮想通貨は現物がありません。インターネット上での取引でのみ使える通貨です。代表的な仮想通貨で皆さんも知っている「ビットコイン」このビットコインから仮想通貨が始まりました。

時は2008年、リーマンショックで世界中が金融危機で混乱している年。このタイミングで「サトシ・ナカモト」と名乗る人物(もしくは団体・グループ)が、ビットコインという新しい電子通貨システムの論文を発表したのです。
それから年々話題になって、2021年には1ビットコインが、600万円を超える価格で取引されています。

仮想通貨ってどこで買えるの?

仮想通貨取引所

日本では金融庁に登録された業者が販売できるようになっていて、大手では以下の業者をよく目にします。

  • Coincheck コインチェック
  • bitFlyer ビットフライヤー
  • DMM Bitcoin
  • GMOコイン

などですね。他にもたくさんありますので、「仮想通貨 取引所」などで検索してみてください。口座を開設したいなら、ネットで検索すると各取引業者の公式ページが見つかるので、カンタンに開設できます。

ただし今は口座開設する人が多いので、業者によっては何週間も時間がかかったりします。それとネットバンキングで入金できる銀行口座は作っておいたほうが良いですね。入金手数料が無料と有料の銀行があるので、口座に無料で入金できる口座を作りましょう。

入金するごとに手数料がかかってしまうと、長い目で見るとかなりのコストになってきます1回300円でも月1回入金していたら、1年で3600円、10年で3万6千円ですからね。

販売所と取引所の違いってなに?

取引所と販売所の違い

多くの仮想通貨交換業者が、「取引所方式」「販売所方式」の2パターンの売買方式を採用しています。販売所方式は業者から買う方式、取引所方式は投資家同士が売買する方式です。販売所方式では、取引業者が手数料を上乗せした価格を設定しているので、売買が成立しやすくなっています。

取引所方式は、投資家同士の売買注文を集めて、取引を成立させる方式です。売買板という画面を見て取引します。株の現物取引をやったことある人でしたら分かるのですが、相場は常に変動するので、自分の希望価格で売買が成立しないときも多いですね。

まとめると、「販売所は売買は成立しやすいが高い、取引所は売買にコツが必要だが、手数料は安い」となります。株やFXの取引きもしたことがないって人は、まずは販売所方式で少額から買ってみるのがいいかもです。

仮想通貨で億万長者に「億り人」になった人も確かにいますが、いきなり初心者が大金いれるのはオススメしないですよ。

仮想通貨って安全なの?

仮想通貨は安全か?

完全に安全とは言い切れないですね。過去に何度も流出事件は起きています。ただしコインチェックでのNEM流出事件では、専門家集団が盗まれた仮想通貨を、追いかけて、三次送金までも追跡できたと言われていますので、管理側とハッカーとの闘いはいい勝負なのでしょう。

仮想通貨はインターネット上で動いているお金ですから、仮想通貨取引業者がどんな管理をしているかが、ポイントになってきます。仮想通貨を管理するホットウォレット、コールドウォレットというのを聞いたことありますか?

カンタンに言うと、ホットウォレットはインターネットにつながれたコンピューター、コールドウォレットはインターネットにつながれていないコンピューターです。コールドウォレットを活用して仮想通貨を管理する必要があるのですが、取引業者がどんな管理をしているかまでは、分からないですよね。

なので少々の流出があっても保障できる資金力が必要です。仮想通貨取引業者の親会社はどうなっているか、資金力のある、大手の証券会社などの関連子会社のほうが安心できますね。もうひとつ言っておきたいのですが、代表的な仮想通貨はビットコインでして、

仮想通貨市場の半分くらいを占めています。そしてオルトコインと呼ばれるビットコイン以外の仮想通貨は、1500種類以上あると言われています。草コインとも言われていますよね。このオルトコインのなかには、ほんとに価値のないコインも数多くありますから、

得体のしれないコインを買うのはやめましょう。世界3大投資家のジム・ロジャースさんはこう言っています。「自分が理解できないものには、絶対に投資してはいけない」まさにその通りですね。

あなたの大事なお金を投資するのでしたら、まずは勉強しましょう。

ブロックチェーンってなに?

ブロックチェーン

取引記録をブロック単位で保存し、チェーンのようにつなげていく。それがブロックチェーンです。このブロックが新しく作られるときには、以前の取引記録のダイジェストが暗号化して含まれていて、だれかが取引を改ざんすると、取引記録の暗号が変わってしまうので、

理論的には改ざんすることは不可能に近いとされています。そしてこのブロックごとのデータを、どこかのサーバーで保管するのではなく、ブロックチェーンに参加している者同士で、共有していくというシステムです。

仮想通貨ブームに乗り遅れた人「あの~意味がよくわかりません・・・」

ですよね。まだまだ難しい分野ですが、今までのようにどこかのサーバーではなく、利用者同士でデータを共有し、乗っ取りも改ざんもしにくいネットワークという感じです。仮想通貨の売買は盛り上がってきましたが、ブロックチェーンが私たちの生活にどのように、関係してくるのか、

これから楽しみにしておきましょう。

まとめ

まとめ

仮想通貨初心者の方へオススメするのは、ひとまずビットコインを買ってみてもいいですが、大金をつっこむのはやめておいて、余裕資金の一部で買いましょう。なぜなら、値動きが激しいので、上がったら売りたくなるし、下がったらどうしようと、一喜一憂してしますからですね。

投資初心者に、値動きの激しいものは、向いていないです。なので、余裕資金で価格が半額になっても、さほど気にならない位の金額で購入しましょう。目安は投資にまわせるお金の1割程度が良いですね。ではまた次の記事で会いましょう。

⇒仮想通貨・FX・株で負け続けているあなたへ。もう2度と大損しないために、米国ETFの自動積立をするメリット5つを解説します。