40代の転職で資格って意味がないのか?

転職の悩み

40代の転職で資格って意味がないのか?

経験が活きるような資格を取得するべき。40代で未経験分野に挑戦も自由だが、会社員で待遇Upを目指すならスペシャリストを目指しましょう。
未経験分野で挑戦するなら独立の可能性がある分野が良いでしょうし、会社員であっても将来性がある分野に挑戦するのが良いでしょう、
王道はあなたの経験が活きる分野の資格取得をして、社内でより良いポジションを狙うとか、転職で待遇UPを狙うかのどちらかです。資格取得で手当が出る企業もありますが、資格取得の勉強そのものが実務に役立つ資格は多くありますので、実務能力が高まる資格取得を目指しましょう。

高卒の私の場合を例にすると・・・

資格取得にも受験資格があります。学歴や他の国家資格が受験資格になったりしており、受験資格をまず調べましょう。
大卒していると資格取得の幅が広がるのは事実で、高卒だと受けれない資格も多いですね。ちなみに私は大学に行っていないので、資格取得にも壁がありますが実は抜け道もあります。
たとえば社労士の資格は大卒資格が一つの受験資格ですが、行政書士の資格があれば受験できます。そして行政書士の受験資格は高卒でも大丈夫です。
このような感じで大卒資格が無くても、他の資格が受験資格になったりするので、あなたが経験してきた業界でどんな資格が取得できるのか調べてみましょう。

年齢によって資格取得を考える

あなたが20代〜30代前半なら未経験分野の資格取得も有り。30代後半〜40代超えていたら基本的にはスペシャリストを目指しましょう。
スペシャリストの技術を磨いて、出世やキャリアアップ転職や独立を目指しましょう、40代からの未経験転職は辛いですが待遇UPを目指さないのなら、有りです。
⇨フリーターから年収500万円を達成できた私が実際に使っている転職サイト、エージェントを紹介

⇨フリーターから年収500万円を達成した私が教える。初めての転職を成功させるコツとは?