初めての転職で試用期間に解雇されることがあるのか知りたいあなたへ。

転職の悩み

初めての転職で試用期間に解雇されることがあるのか知りたいあなたへ。

解雇されることは有ります。雇用される以上は解雇の確率は0%ではないのですが、出来る限り本採用になる確率を上げたいところですよね。
そのためには基本的な事を抑えていくのが大事です。次項で伝えます。

試用期間で解雇されないためには出来る仕事を正直に伝えるだけで良い

試用期間で解雇されない為には、あなたが転職先の業務に必要な能力に足りているかどうかが問題です。ですから自分の出来ないことまで出来ると言ってしまったりすると、実際に入社したあとに言動と業務能力に差が見えてしまい転職先も「あれ?この人めちゃくちゃ出来ないじゃん」となってしまいます。
試用期間であっても解雇するには雇用主からしてハードルが高いので、よほどのことがないかぎり解雇はされないのですが、面接で言っていたことが全部ウソだったなんて事にならないように、自分の出来る事がどんな事なのか、正直に分かりやすく話しておきましょう
試用期間で解雇になってしまう人は、面接時に言っていた事と、実際に出来ることが全く違う場合です。日本の法律では解雇はとてもしにくいのはご存知だと思いますが、試用期間でもそれは同じなんです。試用期間で解雇するには合理的理由が必要になってくるので、少しくらいの能力不足で解雇してしまうと、企業側にリスクが生じます。なのでよほどのことがない限り試用期間で解雇にはならないのが実情です。ですが、面接時に言っていたことがウソだったとか、勤務態度が問題あり過ぎたり、電話応対すら出来ないとか、協調性が無さ過ぎる、業務に支障をきたすレベルだと試用期間解雇は十分にあり得ます。

転職案件を見る時は試用期間もチェックする

試用期間は企業によって様々です。一般的には2〜3ヶ月で設定する企業が多いですが、長い企業では6ヶ月という企業もあります。
給与などの待遇とともに、試用期間がどれくらいかもチェックしておきましょう。

チャレンジしたい企業ならいくしかないけど・・・

「試用期間で解雇されたらどうしよう」この不安は転職時にはつきものです。解雇されたら無職になってしますからですよね。
今までの仕事のボチボチな待遇から、さらに上を求めて転職するのですが、試用期間で解雇になってしまったら無職です。無職は辛い!
しかし実際にあなたを採用する企業なら、あなたが出来る事が職歴などから分かるので、あまりに経験と乖離している職種では採用されないと思うんですよね。なので貴方が採用される企業はあなたが通用するであろう会社だと考えて良いわけです。大げさに言いますけど、零細企業の平社員が上場企業の経営陣に転職できますか?まず無理ですよね、書類選考で100%落ちます。経験や実力に乖離があるからです。
これを逆に言うと、あなたが通用しない会社には採用されないってことです。なので試用期間を怖がらずにどんどん転職チャレンジして待遇UPを狙いましょうってことを言っておきます。
⇨フリーターから年収500万円を達成できた私が実際に使っている転職サイト、エージェントを紹介
フリーターから年収500万円を達成した私が教える。初めての転職を成功させるコツとは?