失敗談を聞いてくれ・・・『鯛の昆布締め』にチャレンジした結果どうなったか。あなただけに伝えます

グルメ

こんにちは!おうちグルメ研究のたけしです

今回は『鯛の昆布締め』を初めて作ってみたのですが、同時に作っていたエビフライと酒が盛り上げってしまい締めすぎて一晩冷蔵庫に放置するという失敗談をお話します。締めすぎた鯛をどうしたのかもお伝えします。

失敗談を聞いてくれ・・・『鯛の昆布締め』にチャレンジした結果どうなったか。あなただけに伝えます

昆布と鯛を買ってきます。今回は羅臼昆布を買いました。鯛の切り身を並べるのでなるべく平べったい昆布を選ぶと良いですよ。庶民の俺にはちょっと高い昆布だけど鯛の昆布締め初挑戦なので買ってみたのです。
羅臼昆布と鯛
『手順』

昆布を日本酒で軽く湿らせる

キッチンペーパーに日本酒をつけて昆布の表面を湿らせます。魚の臭みを取り旨味を引き出す効果があります。

鯛を昆布で挟む

鯛の切り身を昆布に並べて挟みラップでくるみます。そして冷蔵庫でしばらく置きます。3~4時間くらいが食べ頃と言われています。
鯛の切り身を昆布にのせる
鯛の昆布締め ラップで包む

私の失敗談

鯛の昆布締めを冷蔵庫に置いた後、エビフライを作り子供達とご飯を食べているとスッカリ鯛の昆布締めのことを忘れてしまいまして、なんと一晩も冷蔵庫に置いてしまいました。薄切りにしていたためかスッカリ硬くなってしまってグミみたいになり美味しくない・・・
鯛の昆布締め
仕方なく鯛茶漬けにしましたが、これはこれで美味しかった。

鯛茶漬けの作り方

昆布締めに使った昆布で出汁を取ります。まず水を入れた鍋に昆布も入れ弱火でゆっくり沸かして昆布の旨味を出しましょう。沸騰したら火を止め昆布を取り出します(昆布は捨てずに他の料理に活用します)

出汁に醤油を少したらすだけで鯛茶漬けのスープが完成です。白ご飯の上に鯛の昆布締めをのせて出汁をかけます。お好みでワサビもどうぞ。鯛の昆布締めに失敗しても鯛茶漬けで幸せになれます。良かった良かった。
ちなみに使い終わった昆布は細かく切ってスープに入れました。羅臼昆布は高かったのですべて活用できて良かったです。

まとめ

鯛の昆布締めを作る時は忘れないようにスマホでタイマーでもかけておきましょう。少し厚めの切り身にしたほうが良いのかもしれませんね。ぜひ試してみてください。ではまた!サヨナラ!

⇒生産者さんから旬の食材が買える ポケットマルシェ
⇒隠れた絶品グルメを産直!九州おとりよせ本舗
⇒料理ブログ始めるならドメインもサーバーも一緒に取得できるエックスサーバーがオススメ