知らないと確実に損する。米国ETFを買うなら外国税額控除を行いましょう。

投資

悩んでいる人

悩んでいるあなた「米国ETFを買いたいんだけど、税金ってどうなるの?、難しくてよく分かりません。誰か教えてください。」

こんな疑問に答えます。

【結論】

米国ETFは配当金に二重課税されてしまうので、外国税額控除をして、税金を取り戻しましょう。

知らないと確実に損する。米国ETFを買うなら外国税額控除を行いましょう。

税金控除

米国ETFの配当金にかかる税金が米国と日本分で二重課税になります。日本株の場合は、基本的に税金は20.315%で米国は10%。確定申告しないと、米国分を余計に税金を払うことになります。

つまり30.315%!「高いですね!!!」そりゃそうですよね。日本と米国分の税金が二重払いになるので、高くて当たり前です。確定申告をして米国分の税金を取り戻しましょう。その名を「外国税額控除」といいます。

外国税額控除ってなに?どうやるの?

税金控除

米国ETFで配当金が出た場合に米国分の税金を10%払います。その税金分を日本国内の税金から控除しましょう。という制度です。まず証券会社から「年間取引報告書」をもらいましょう。

証券会社によりますが郵送か電子交付か選べます。どちらでもいいので「年間取引報告書」をもらって、お住まいを管轄している税務署に確定申告に行き外国税額控除の手続きをするだけですね。

とてもカンタンですが、やらないと、税金が二重のままです。もしあなたがコツコツ積み立てを頑張って、将来100万円の配当を得るとしたら外国税額控除しないと、毎年10万円も余計に税金を払うことになります。

ヤバいですよね。必ず手続きしておきましょう。

⇒SBI証券の開設は無料サポートのネクシィーズトレードへ