高卒で年収500万円稼げる仕事を知りたいアナタへ

転職

高卒で年収500万円稼げる仕事を知りたいアナタへ

高卒の平均年収は250万円位と言われているので、一般的には無理ですが、高卒でも年収500万円稼げる方法を知りたいなら記事を読み進めてください。
〜〜☆高収入や寮完備のシゴトが満載!
工場系シゴト情報求人サイト「工場求人ナビ」〜〜

高卒なら大手企業子会社の工場夜勤勤務を狙うべし

夜勤は給料が25%UPします。法律で決まっているので絶対です。この夜勤手当てを利用して年収500万円稼ぎましょう。
日本で年収500万円というのはけっこう難しいのを知っていますか?
とあるデータを参考にすると年収500万円以上の人は上位30%だということです。
日本においては平均年収以上であり、上位層に入っているのです。
この上位30%というところで、「高卒で年収500万円は無理か〜〜〜」と思うかもしれませんが、
大丈夫です。夜勤勤務をやって夜勤手当25%を活用して年収500万円稼ぎましょう。
日本人の働き方の価値観はガチガチに固まっていまして、今だにこんな言葉を聞きます。

  • 土日は休みたい
  • 昼間の9時〜18時で働きたい
  • 残業はしたくない
  • 副業なんてきつい
  • お盆やゴールデンウィークは休みたい
  • 正月は休みたい
  • 夜勤なんてしたくない・・・

たしかに世間やメディアではワークライフバランスが声高に叫ばれていますが、実際には日本人の平均年収は下がり続けています。
生きていくにはお金が稼げないと、バランスもなにもないのです。
日本人はますます働きたくない民族になっていっているような気がしますが、今回はそこを利用します。
みんながやりたがらない夜勤に率先して手を挙げて、夜勤手当てで収入UPを狙いましょう!
求人情報

高卒で年収500万円超えるにはどんな企業を選べばいいのか

大手企業のグループ子会社を中心に調べていき、高卒でも転職しやすい製造工場を探します。
なにかを製造する工場というのは世の中にたくさんあります。
ちなみにアナタの部屋を見回してみてください。
部屋の中にあるものすべてがどこかの工場で作られています。
食べ物からスマホ、服、電球、身の回りにあるものはすべてどこかの会社の工場で製造しています。
工場仕事に一度慣れておけば転職に困りませんよ。オススメです。
大手企業がいいのは労務管理がある程度しっかりしていないと、サービス残業させられたりするからです。
残業をピッタリ全部付けてくれるような会社ではないと、高卒で工場勤務で年収500万円超えは厳しくなってくるので、
労務管理がしっかりした企業を選びましょう。
インターネットの口コミサイトや、公開されている年休取得率で比較するのが良いと思います
さらに親会社や子会社の平均年収はかならず調べておいてください。
親会社の平均年収が高いということは、子会社の経営状態は悪くないことが多いですし、
子会社の給料も平均レベルかそれ以上、残業代や深夜手当てを入れるとなかなかの年収になったりします。
ちなみに上場企業でも平均年収が低いことは珍しくないので、上場している企業だからと言って過信は禁物です。
平均年収は必ず調べて損はありません。
「どんな製造工場が良いのか?」
安定的な食品系か、多少の波がある工業系か、悩むところですが今回の狙いは夜勤勤務がある会社です。
なるべく大手のグループ会社の製造工場で夜勤も稼働している工場を探してみましょう。
25%の昇給ってかなり厳しいですが、夜勤するだけで25%UPです。
資格もスキルも必要なし。アナタのままで給料UPです。
求人情報

採用時に夜勤希望と伝えるのはNGなのか

伝えて問題ないです。ただし夜勤しか嫌だと言い切るのは止めましょう。
扱いにくい人物とみなされて採用されない可能性があります。
夜勤希望の理由については、昼間は家事があるとか、子育てや、介護の問題とか、家の事情ってことにしておけば問題なしです。
「子供や家族が多く、少しでも稼がないといけないため」という理由でももちろん大丈夫です。
ただし押しすぎるとやはり扱いにくい人物かと思われてしまうので、サラッと言っておきましょう。
求人情報

夜勤勤務で気を付けるべき事

不眠になりやすい人がいます。
いつでもどこでも寝れるという自信のある人でも、夜勤をすると睡眠導入に時間がかかったりします。
おそらく朝日を浴びてしまうので、疲れているけど覚醒してしまうような感じになるようでして、
慣れたらすぐ寝れる人も多いようですが、なかなか慣れずに不眠症になったりする人がいますので、体調管理には十分注意してください。
ちなみに夜勤の休憩中に10分でも15分でも仮眠を取ったりするのは良いですね。
22時〜25時あたりの睡眠が一番質が良いという研究もあったりしますので、その時間帯に仮眠をとってみましょう。
寝れないからと言って酒を大量に飲むのはとても体に悪いので少々にしておきましょうね。
(と書いている私も人の偉そうに言えるものではないんだが・・・)求人情報

月給がどれくらいなら年収500万円稼げるのか

基本給は25万円以上は欲しいところです。30万円に近ければ近いほど良い。
基本給30万円で残業代や深夜手当てを入れると、月給が40万円超えることもあります。
ボーナスが年間2ヶ月分でも出るようなら、年収500万円超えてきますので、
月給30万円に近いあたりは最低でも欲しいところです。
残業は平均的にどれくらいあるかも調べておきましょう。
インターネットの口コミサイトでも調べる事ができますし、企業の求人票に書いてある事も多いです。
高卒で年収500万円を稼ぐ人は世の中には少ない部類なので、残業ゼロではなかなか到達が難しいです。
月平均の残業時間が30時間位ある会社を選びましょう。
求人情報

高卒が年収500万円稼ぐのは難しいのか

現実的には高卒で年収500万円稼いでいる人は少数派です。ですが・・・・・
高卒の平均年収は300万円に満たないというデータがあり、インターネットで調べると260万円位というデータも出てきます。
月収にすると25万円で生活できないレベルではないですが、大卒の平均年収と比べると100万円近い差があるそうです。
しかし、今回オススメするのは大手企業のグループ子会社の製造工場夜勤勤務です。
日本人が敬遠しがちな夜勤勤務で深夜手当て25%をゲットして、残業も文句言わず頑張って年収500万円を稼ぎましょう。
年収500万円は上位30%です。かっこよくないですか?
年収500万円稼いでちゃんと節約もして、投資をコツコツ頑張れば富裕層も夢じゃないんですよね。
それはまた別の記事で紹介しますが。
求人情報

都市圏に転職して高卒で年収500万円は妥当か

生活費が高いのでオススメしません。通勤時間も長すぎて効率が悪い。
都市圏は生活費が高いので年収500万円だったとしても、地方換算でいくと年収450万円くらいのレベル感になる可能性があります。
第一には家賃が高いことが挙げられます。
家賃を安くしようと思ったら通勤時間が長くなるということになりまして、通勤時間が長いのは会社に拘束されている時間が長いということで、
無賃労働と同じです。地方に住めば通勤時間は10〜30分くらい。1時間かけて通勤する人は稀です(私は九州だが実は1時間15分の通勤をしている)
東京あたりだと1時間〜2時間くらいの通勤圏内が一般的で、仕事の日はプライベートの時間を諦めるしかなさそうな感じです。
でも地方だと通勤時間分は残業時間にできて、残業したとしても自宅が近くなので仕事の日もプライベートの時間が確保できるということになり、
生活の充実感としては地方で年収500万円を目指したほうがよさそうです。
ただし500万円を超えて、700万円、1000万円と年収を上げていきたいなら東京本社採用にならないと厳しいのが現実です。
これには裏技がありまして、東京本社採用で東京ベースの年収をもらいつつ地方に出向(転勤)すると、生活がかなり楽です。
単身赴任とかだと家族問題もありますが、結婚がまだで単身だったら、給料が高い企業の東京本社採用を目指すのは良いと思います。
地方は子会社や支店が多いので給料も抑え気味になってしまいます。
求人情報

高卒でもスカウトが来る!転職エージェントは必ず登録して活用するべし

転職エージェントは必ず登録しましょう。自分でも探さないような企業のスカウトが来ることがあります。
私も転職エージェントで転職したのですが、自分では探す事のない企業の求人だったので登録はとても重要です。
高卒で年収500万円を目指そうと思ったら転職エージェントへ登録するのは、必須だと考えてください。
まずはメジャーな転職エージェント2〜3社に登録してみましょう。
私が登録しているのは、リクルート、マイナビ、ビズリーチですが、3社に登録するだけでもかなりの求人数をカバーできるので、
この3社への登録をまずはオススメしておきます。
もしスカウトが来て、待遇や職務内容が自分に合うと思ったら迷わずに応募してみましょう。
自分なんて受かりっこないとか思わずに気になったらまず応募、応募するのは無料だし(証明写真のお金くらいはかかる)、
ダメで元々で受かればラッキーくらいの感覚で、気になった企業はどんどん応募してみましょう。
リクルートエージェント

高卒で年収500万円稼ぐための入社後の作戦

まずは採用面接で夜勤の希望を伝えておくか、夜勤の募集を探して応募しましょう。
そして入社後は会社内で出来る人が少なくて困っている業務を積極的に覚えたり、
社内で滞っている管理業務や事務作業を覚えてみたりして、
アナタがいないと困る状況を作っていきましょう。もちろん夜勤業務の範囲内ですよ。
工場の仕事は大変なことも多く、離職率が高いイメージがありますが実際に高いです。
そこで積極的に仕事をすることにより、欠かせない人材となれば安定的な残業時間と深夜勤務手当てで年収500万円を稼ぐ事ができます。
深夜勤務手当てで年収500万円稼ぐって実力じゃないみたいで嫌な人はしなくていいですが、
年収500万円稼げるのは上位30%しかいないんですよ。
しっかり稼いで節約してコツコツ投資とかしていけば、準富裕層にだって手が届きます。
やるしかないです。
ここで注意ポイント!
仕事を頑張って管理職に推薦されたらどうするか。
その会社の管理職の給料と、労働時間や休日などの労働環境と照らし合わせてみてください。
割に合わなそうだったら断ったほうが良いかもです。
なぜなら管理職になったとたんにブラック労働になってしまう会社が多いからです。
給料はあまり上がらずに、長時間労働に休日出勤が日常になる場合があります。
もし夜勤の工場仕事に転職できたら、その工場の管理職の働き方や給料について調べておきましょう。
ちゃんとしている会社なら就業規則をもらえたり、誰でも見れたりするので必ず確認しましょう。
高収入や寮完備のシゴトが満載!
求人情報

高卒だからこそ、副業も併せて年収500万円以上稼ぐ手もある

工場の夜勤勤務に転職できて年収500万円を稼げたら、副業もチャレンジしてさらに稼ぐ手もあります。
今の時代は個人事業が始めやすい時代なので、簡単ではないですがチャレンジする意義は大いにあります。
ちなみに下記のようなものが始めやすいですね。

  • ブログアフィリエイト
  • 物販
  • YouTube

アフィリエイトというのは、ブログやウェブサイトを作って企業の商品を紹介して売れたら手数料が何十円〜数万円もらえるビジネスです。
ちなみにこのサイトもブログアフィリエイトのサイトです。
物販はYahooショップや楽天などでネットショップを開業して自分で仕入れた商品を売る仕事です。
YouTubeは自分が得意なジャンルや詳しい事に関する動画を投稿して、広告収入を得るビジネスです。

どれも簡単ではないですが成功すれば月何百万円も稼ぐことも可能です。工場夜勤仕事で年収500万円とプライベート時間を確保してさらなる収入UPを目指すのもアリです。
始めやすさとしてはブログをオススメしますので、興味がある人は下記のリンクからどうぞ。
【初心者向け】ブログの始め方完全ガイド!立ち上げから収入を得る方法まで

求人情報

⇨このブログの記事一覧に戻る