ブラック企業で「もうだめかもしれない、辞めたい」と思った時に読む記事

ブラック企業 メンタル 転職の悩み

ブラック企業で「もうだめかもしれない、辞めたい」と思った時に読む記事

転職

そもそもブラック企業の定義とは?

  • 定義はありませんが、一般的な特徴としては以下の通り。
  • 極端な長時間労働
  • 違法な休日出勤
  • 極端なノルマ
  • 賃金不払い
  • パワハラやセクハラの横行
  • その他、従業員への対応で違法な事が放置されている

このような感じです。さてあなたはどのような状況に置かれているでしょうか?ブラック企業で苦しんでいるなら一刻も早く、逃げてほしいところですが、なかなか決断が出来ないものです。実際に私もそうでした。ブラック企業にいる時はブラック企業だとは気づかずに、「自分の仕事力が足りなさすぎるんだ」と思ったりします。
なので逃げ出すのが遅れたり、退職に踏み切れずにうつ病になってしまったりします。次項からはブラック企業がどんなものか掘り下げていきますので、あなたが働いている状況がブラックなのかどうなのか、判断の参考にしてください。

ブラック企業の残業時間ってどれくらい?

時間とお金
原則として1日8時間、1週間に40時間を超えては労働させてはいけないという法律があります。
ただし36協定という労使協定を締結していれば月45時間まで年間360時間まで残業しても違法にはなりません。(特別条項を設定していればもっと残業することも可能)36協定を締結していない場合、週40時間以上の労働、いわゆる残業は基本的には出来ません。あなたの会社はどうでしょうか?まず自分の会社の36協定を確認してみましょう。上司や経営者に聞いてみて36協定の存在すら知らなかったら完全アウトの可能性高いです。※36協定とは時間外労働の協定

ブラック企業の休日ってどれくらい?

休日って?
原則がこちらです。「使用者(雇用主)は、毎週1日の休日か、4週間を通じて4日以上の休日を与えなければなりません」
あなたの休日状況はいかがですか?人手不足過ぎて1ヶ月で休みが2〜3日なんて状況だったら完全違法です。決算期で忙し過ぎて1ヶ月間休みが無かったとか、
体調不調者が多くて1ヶ月1日しか休めなかったとか、このような働き方は完全ブラックです。

ブラック企業の給料ってどれくらい?

給料でブラック企業を判定するのは難しいですが、一般的な給与水準より極端に安かったり、ノルマが厳しくて基本給が安いなど、同業界の給与水準と調べて比較してみましょう。

サービス残業があるのは立派なブラック企業の証拠

残業しているのに残業代が払われない。これは完全ブラック企業です。残業させたら割り増し賃金を支払うことが法律で決まっているので、いろいろ難癖つけて残業代を支払わないのは完全ブラック企業ですね。正社員だろうがアルバイトやパート社員だろうが残業させたら割り増し賃金を支払うのが法律です。
※管理職は別です。

 ブラック企業を逃げ出す事に成功した僕の経験談を話します

休日
私の場合は10年程ブラック労働を抜け出せませんでした。ブラック労働していると「他の会社で通用しないんじゃないか」という思いが強くなり、なかなか転職に踏み切ることが難しくなってきます。私の場合は精神的に限界が近くなってきた時に、運良く知り合いから誘われた転職先に思い切って転職しただけです。本当にただ運が良かっただけでした。夜の街の仕事だったのですが、それまで2〜3ヶ月休み無しで働いていたのが少なくとも週1回は休めるようになったので、家族も含めて随分と気が楽になったものです。その後転職エージェントからスカウトを受けて今の会社に転職しました。大企業の子会社だったので、休日も月9回に増えて年休も100%使えるし、年収も20%位は増え、生活がかなり楽になりました。ここで大事なポイントは自分自身は特にスキルが上がった訳ではないのですが、待遇アップの転職が出来たという点です。ここに今ブラック企業で苦しむあなたも注目してほしいのです。大学も行っていない、特にスキルや資格はない私でも、ブラック企業から抜け出して、まずまずの待遇の企業に転職出来たという事実があります。大事なのは転職のタイミングを逃さないこと、転職エージェントに登録して転職案件は常にチェックして気になる求人はないか、見ておくことが本当に大事です。

ブラック企業の見極め方

見極め方
ブラック企業を事前に判別するのはものすごく難しいのですが、固定残業代の会社は要チェックだと思います。固定残業代を支払っておいて働かせ放題の会社は多いと聞きます。あとは企業の口コミをチェックするとか、地方の零細企業は避けるとかですかね、小さい会社が悪いということではないのですが、社長が店長みたいな状況だと法律もなにも関係無し、社長が法律みたいになったりすることが多々ありますから、小さい規模の会社はブラック労働になりやすいです。大企業グループだとある程度は労務管理されているので、抑止力が働きます。一概には言えないですが傾向的にはそうなることが多いでしょう。

ブラック企業に向いている人はいるのか?

なにも疑問を持たずにブラック労働できる人もけっこういるんですよね。これが問題でして、そのようなブラック労働できる上司が、周りにブラック労働を押し付けてくるのがやっかいな事です。そのような上司がいたら要注意というか逃げる準備をしたほうが良いかもしれません。出世して管理職になったらさらなるブラック労働が待っているかもしれないからです。

ブラック企業で働くメリットはあるのか?

私の経験上ではメリットはありません。あえて言うならば多少労働時間が長くても「あの時のブラック労働よりはマシだな」と思えるくらいです。早めに逃げたほうがあなたの人生は良くなります。私は10年もねばってしまったので、この記事を読んでいるあなたは限界が来る前に逃げてください

ブラック企業で「もうだめかもしれない」と思ったら

「もうだめだ」と思う前に転職サイトや転職エージェントに登録しましょう。本当に限界の時はすぐ退職届を出す!引き継ぎとか全部どうでもいい!あなたの心と体の健康が一番です。あなたが元気なら何回でも人生再スタートできるが、精神崩壊したら再スタートできなくなります。

ブラック企業が辞めさせてくれない場合の対策

辞めたい
退職代行を使いましょう。法律上は14日前に退職を申し出れば成立するのですが、ブラック企業はあなたの退職の申し出を受け取らず、精神的に追い詰めて辞めさせません。退職代行業者に依頼すれば法律を上手く活用して、退職させてくれます。手数料もそんなに高くなく2〜3万円位が相場だと聞きますね。
私は利用したことが無いのですが、会社のアルバイトの方が利用していました、私の上司がアルバイトさんを退職させずに引き伸ばしに引き伸ばしていたら、ある日、退職したいアルバイト本人と退職代行業者からFAXが届きまして、無事その人は退職できたというものです。日本って全体的に人手不足なんで退職を申し出ると、必ず引き留められますから、あまりにしつこいなら退職代行を使ってサクッと辞めちゃいましょう。

ブラック企業でうつ病になる前に

うつ病。これ一番注意してください。いつのまにかうつ病になっていた・・・なんて人も多いんです。日本は世界有数の自殺大国ですが、この記事を読んでくれたあなたには、なんとしても生きていてほしい。生きてりゃいい事もあるなんて、そんな気楽な事は簡単には言えないことは百も承知です。私もブラック労働時代は未来に希望が持てなかったんです。二人目の子供が生まれた時で妻に負担ばかりかけていて、収入も上がらず、休みも無い。いつまでこんな毎日が続くんだろうと毎日悩んでいました。本当に限界一歩手前だったと思います。でもねでもね、世界はやはり広くてブラック企業で働いている時は視野が狭くなっているんです。
あなたにはきっと明るい人生があります。世界は広く道はいくらでもあります。会社は星の数ほどもあるし、自営業でもフリーランスでもアルバイトでもなにをしてでも、生活はできますし、生活保護もあります。あなたというたった一人の欠けがえのない存在、地球上に今まで無数の生命が誕生したなかであなたは唯一無二の存在です。今がダメなら道を変えましょう。道はいくらでもあります。やばい敵から逃げることは立派な人生戦略です。あなた自身を大事にしてください。
⇨フリーターから年収500万円を達成した私が教える。初めての転職を成功させるコツとは?
⇨フリーターから年収500万円を達成できた私が実際に使っている転職サイト、エージェントを紹介