PBR(株価純資産倍率)とは?(株式投資用語)

株式投資用語

PBR(株価純資産倍率)とは?

PBR(株価純資産倍率)=株価÷1株あたりの純資産(BPS)
1株あたりの純資産と株価を比べて企業の解散価値を図るような指標です。たとえば株価1000円で1株あたり純資産も1000円の企業はPBR1倍となります。
つまり、株式市場で売っても1000円、会社が解散して株主に還元される価値も1000円ということです。
売っても解散しても株主に還元される金額が同じというのが、適正な数値っぽく見えますね。
上記の場合株価が10,000円の場合はPBR10倍となり、1株あたり純資産の10倍まで株価が買われていることになります。これだけ見ると株価が割高に見えますが、
株価というのは指標には現れない要因を織り込みながら、上がったり下がったりします。指標が割高でも、もっと割高に買われていくことも日常茶飯事なんですね。
逆に低PBRの企業は割安だと思うかもしれませんが、そん状態が長い期間続いていると、世の中の投資家達がその企業の価値をそのように見ているということになります。
同業他社などと比較して投資銘柄を調査してみましょう。