ROEとは?(株式投資用語)

株式投資用語

ROEとは?

ROEとは自己資本利益率のことで、自己資本に対して当期純利益が何%になっているかという数値になっています。
数値が高いほど効率よく利益を上げている会社だと言えます。以下の式で計算します。

ROE(自己資本利益率)=当期純利益÷自己資本×100(単位は%)

たとえば、自己資本10億円の会社が当期純利益1億円の場合、自己資本利益率は10%ということになります。ROEが1%という企業があったとすると10億円の資本で1000万円しか純利益を出せていないということであり、経営効率が悪いと言えます。一般的にはROE10%以上が投資に適していると言われることが多いですが、
自己資本には負債(借入金)等が含まれないことに注意しなければいけません。
たとえば次の2つを比較してみましょう。

①当期純利益5億円÷(自己資本20億+借入金80億)=ROE25%
②当期純利益5億円÷(自己資本80億+借入金20億)=ROE6.25%

負債が少なく利益が出ている状態と、負債は大きくても利益が出ている状態のどちらが良いかということは一概には言えませんが、投資銘柄をチェックする時には負債がどれくらいあるのかも必ずチェックするようにしましょう。負債が大きくても売上、純利益ともに伸びている会社なら効率良い経営をしていると言うこともできます。
総合的に判断しましょう。