今からでも遅くない!コツコツ貯めて準富裕層目指そう。記事最後にオススメ本あります。

投資

お金持ちになりたいですか?それならコツコツ資産を貯めていけば準富裕層も夢ではないですよ。いったい毎月どれくらい貯めていけばいいのか解説します。

今からでも遅くない!コツコツ貯めて準富裕層目指そう。記事最後にオススメ本あります。

  • 収入の1割を貯金しよう
  • 投資も勉強しよう
  • 使いかたも大事




収入の1割を貯金しよう

コツコツ貯金を舐めてはいけません。40年間ほどコツコツ貯めていけば、大きな金融資産になります。とはいえ切り詰めすぎても、なにも楽しみがないので、まずは収入の1割を貯金するクセを付けていきましょう。手取り20万円だったら毎月2万円です。

1年で24万。いやいや24万なんかじゃ金持ちになれないでしょ。たしかに1年ではそうですね。毎月2万円を10年間貯金すると240万円になります。ん~。なかなかの額になってきましたね。仕事やサイドビジネスも頑張って、収入を増やしていきましょう。

10年後からは毎月3万円、20年後からは毎月4万円、30年後からは毎月5万円。少しずつ貯金の額を増やしていくと、どんどん資産は増えていきます。ちなみに上記のように貯金額を少しずつ増やしていくと、40年間貯めたころには1600万円を超えてきます。

ちなみにボーナスは入れていませんから、ボーナスからも貯金にまわすと2000万円は超えていけそうですね。

投資も勉強しよう

皆さん知っているとおり銀行に貯金しても金利はほぼゼロです。60才で2000万円まで貯めても準富裕層にはまだまだです。日本では金融資産5000万円以上が準富裕層と言われています。となると投資を学んで貯めたお金に働いてもらわないと、準富裕層に到達できる可能性は低いです。

となるとどれくらいの金額を、毎月貯蓄していけばいいのでしょうか?次はボーナスも含めた計算をしていきましょう。準富裕層の仲間入りを目指してますので、ちょっと厳しめに設定します。毎月5万円を40年間、ボーナスも含むので毎月の給料からは2万5千円としましょう。

年2回のボーナスで15万ずつ貯めれば毎月に換算すると5万円です。この毎月5万円を、投資して平均3%の成績で運用できたとします。これを40年続けると、なんと4500万円を超えてくるのです。「おお!ずいぶん近づいた」

40年のガンバリでもうすぐ準富裕層です。ちなみに4500万円の3%は135万円です。順調に運用すればあと数年で5000万円突破ですね。

使いかたも大事

酒に使ったり、ギャンブルに消えてしまったり、自分のためにならない使いかたはやめましょう。かくいう筆者も若いころは無駄使いばかりだったので、この記事を読んでくれたあなたには、早めに気づいてほしいのです。20代から自己投資しましょう。

つまり勉強にお金と時間を使いましょう。本、セミナー、教材、有益な出会い、酒やギャンブルで一時的なストレス発散に使わないように。ストレス発散はあまりお金がかからないことを見つけるべきです

節約ばかりでは疲れてしまいますから。あなたが欲しいものや遊びにもお金を使うことですね。ただしそのためには日常の無駄使いを減らすことです。コンビニや自販機でジュース買ったら150円くらいですが、水筒もっていけば、1ヶ月4500円の節約です。

年間54000円です。一日150円だけの節約でもこんなに差が出ます。節約上手、貯め上手、使い上手になりましょう。

オススメ書籍

数千年も語り継がれるお金持ちの法則をマンガで分かりやすく読めます。

2000円以下でお金持ちへのヒントが得たいなら、安い買い物だと思います。