仕事行きたくなくて「しんどい」「きつい」と思ったら読む記事。

転職




「仕事に行きたくない」「しんどい」「きつい」・・・こんな気持ちで悩んでいませんか?このように思うのは心の赤信号です。放置しておいたらうつ病になったりして大変です。今のうちから対策して健全な生活を取り戻しましょう。

仕事行きたくなくて「しんどい」「きつい」と思ったら読む記事

仕事に行きたくないと悩む人はアナタだけではない

多くの人が仕事に行きたくないと思っているのを知っていますか?
今の日本ではうつ病などで休職する人が増えていて、仕事にやりがいや充実感を見出せない社会になってきています。
アナタだけではなく多くの人が同じような悩みを抱えていますので、
自分だけがなぜこんなに悩むのか?というような気持ちは持たなくて良いです。
伝統的日本系起業は無駄な仕事が多く、しかも無駄だと言い出せない雰囲気があるので、
無駄であろうが非効率であろうがそのままやってしまう事が多いです。
私も、とある日本系伝統的企業に勤めていますが、そこまでやらんでええやろ!という事が多々ありまして、
本業の邪魔になっている細かい業務の多さに呆れています。
仕事はどんどん増えるのに、それに対応する社員は増えない。だけど失敗したら叩かれる・・・。日本の会社員って今こんな感じです。
「それ無駄だから止めようや」って言えない雰囲気が充満してるんですよね〜。
ん〜〜〜生きづらい。働きにくい・・・。でも日本は変わらないのかもな・・・と思っちゃいます。
無駄な仕事が多いので長時間労働になってしまい、ストレスが積み上がって心を病む人多くなる。
悪循環が出来上がっています。

仕事に行きたくないと思う人はかなり多い

おそらく大多数の日本人が仕事に行きたく無いな〜と思っているのではないでしょうか。
今はストレスが多い社会と言われています、会社もそうです。多くの決まり、ルール、コロナの対応、人を縛り付けるルール
本業に関係しないような仕事の作業が多過ぎるんですよね。
本業に関係しないような事の作業やチェックが増えてきて本業に支障をきたしているのに、本業にミスがあれば叩かれる理不尽さ・・・。
もちろん人間社会とは理不尽なものですが、無駄なものは省きたいですよね。
私の勤めている会社でも心の不調を訴える人が増えてきています。
無駄な仕事、過重労働、サービス残業による長時間労働、サービス休日出勤、やりがいのない仕事や、パワハラ上司・・・
言い出せばキリがないですが、このようなことが日常化している会社にいると、会社に行きたくないと思うのは当然でしょうね。

仕事に行きたくない理由をはっきりさせよう

アナタが仕事に行きたくない理由を紙に書き出してみましょう。まずは会社に行きたくない原因をハッキリさせておくのが大事です。
なんとなく「会社に行きたくない」、「仕事に行きたくない」と思っているだけでは何も解決せず時間が過ぎていくばかりです。
アナタが仕事に行きたくない大きな原因はなんなのか?紙に書き出しましょう。
以下の手順で。

  • まずは思いつく限りなんでも書いてみます
  • その中で順位を決めます
  • 解決しなくても大丈夫そうな要因は消します
  • 仕事行きたくない要因トップ3位まで絞り込みます

さて仕事行きたくない要因をトップ3まで絞ったら、その3つの要因について取り除けるか、もしくは距離をおけるかをよく考えてみます。
たとえばですが、「仕事の量が多くて残業時間が長い」という項目があったとしますね。
作業を効率化するためにエクセル関数などを使って無駄な時間を排除できないだろうか?そもそもこのAという作業はやり方を変えてみるともっと早くならないだろうか?ということを考えてみます。毎日毎日同じような作業をやっていると頭がゴリゴリに固まってちょっとした事で効率良くできるのに、気がつかないなんてことがあります。冷静に考えてみると効率化できたなんてことは山のようにあるはずなので、考えてみましょう。

次にパワハラ上司や苦手な人が会社にいて、仕事に行きたくないと思っている場合を考えます。
仕事に行きたくないのってだいたい人が原因なことが多いですよね。過重労働なんかも結局は横暴な上司が押し付けてきますからね。
仕事を押し付けてくる上司の場合は、上司に言われた仕事は言われた瞬間に取り組んでサッと処理することを心がけましょう。
仕事押し付け上司に評価されるためではなく、アナタ自身を守るためです。
仕事押し付け上司に言われた仕事をやらないで溜めていると、「まだやっていないのか」という問い詰め攻撃が始まります。
そうなるとアナタにストレスが降りかかってしまうので、サッと処理することを心がけてみましょう。

「生理的に無理だ」、「しゃべりたくもない」というほど嫌いな人がいたらどうするか。
このような時は転勤するか転職するしかないですね。部署異動しただけでは社内で顔合わせるし仕事で絡む事も多いと思われます。
会いたくないほど嫌いな人がいる場合は転職を考えましょう。私も4回転職していますが、心底嫌いな人間がいたのと待遇面の不満が大きな転職理由でした。

あなたが仕事に行きたくない理由は?

さてアナタが仕事に行きたくない理由は分析できましたか?
それはガマンできるのか、もうガマンできないほど限界にきているのか、今のアナタの心の状態によって明日からの対応を考えないといけません。
限界であれば休むか、転職するか行動しましょう。いきなり休むのはまわりに迷惑がかかるし怒られそうで出来ないと思うかもれませんが、
アナタの心が限界を超えてしまうとうつ病など、心の病になってしまいます。
ガマンできる段階なのか、心は限界に近いのか。自分の心に聞いてみてください。聞かなくても答えは出ているかもしれませんが・・・。
仕事に行きたくない理由がハッキリ分かったら、まずその要因を自分から遠ざけるのは可能か考えてみて、
無理そうなら転勤を願いでたり、転職活動を始めましょう。ストレスを浴び続けると心の病になってしまいます。
自分を大事にするためにも仕事に行きたく無い理由を分析してみましょう。

仕事に行きたくないと思ったら

心の状態が限界なら休みましょう。ただし休むと仕事がたまってしまうので良く考えて休まないといけません。
療養のための長期休暇なのか、転職するために今の仕事を続けるのは諦めるか、どちらか決めたほうがよいと思います。
なぜかというと1日や2日休むと、たしかに休養は取れるかもしれませんが逆に仕事がたまってしまって、また自分にストレスをかける事になってしまう可能性があるからです。
心の状態にもよりますが、限界に近いなら長期休みか転職のための休みを計画しましょう。
心が壊れる前に今の会社から抜け出すことが大事ですね。

「仕事に行きたくない」という気持ちはどれほど強いのか?

仕事に行きたくないと一言で言っても人により色々な気持ちがあります。

  • めんどくさい
  • だるい
  • 上司がめんどくさい
  • 働くのが嫌
  • 単調な毎日に飽きている
  • 朝起きれない
  • 会社に行こうとすると足が前に進まない
  • 会社が近づくと気分が悪くなる
  • 会社が近づくと吐き気がする
  • 会社が近づくと気持ち悪くなる

さてアナタはどのくらい仕事に行きたくないのでしょうか?下に行くほど危ない感じですね。体調に変化があるくらい仕事に行きたくないと感じていたら、
心が限界に近いので休むか、退職したほうが良いです。心が壊れる前に逃げましょう。一回逃げて立て直す。体調や心の状態を元に戻しましょう。

自分の強みや長所を書き出してみる

アナタの長所や短所を紙に書き出してみましょう。そうすれば新たな発見があるかもしれません。
長所を伸ばせば転職や起業に役立ちます。短所を治すより長所を伸ばしましょう。天才的なことでなくても大丈夫です、人より少し得意なことでもいいし、
好きなことでもいいです。アナタが他人より情熱をかけれることをハッキリさせましょう。
アナタの得意分野や好きな分野で勝負しましょう。転職にしろ起業にしろ得意な分野で勝負したほうが勝てる確率が高いです。
苦手なことを伸ばすには人生は短く、長所を伸ばすことに専念しましょう!

なんのために働いているのか考えてみる

家族のため? 自分のため? 
いずれにせよ、最低限必要な生活費はいくらか計算しておきましょう。最低限必要な生活費ラインを支出して残りは貯金したり投資したりしましょう。
株式投資なら配当がもらえるので、コツコツ積み上げていけば配当により生活に余裕ができます。
配当分は労働しなくても良いということなので、コツコツ投資はオススメですね。子供がいるので家族のために稼がないといけない人も多いですが、毎月少しづつでも将来の楽な生活のために投資の勉強はしておきましょう、貯金は使ったら無くなりますからね。
キャッシュフローが発生する資産の積み上げが必要です。

仕事でプレッシャーを感じる、ミスばかりしてしまう

仕事でミスが多過ぎるのは様々な原因が考えられます。

  • 作業量が多過ぎる
  • 仕事のやり方が分かっていない
  • 人手が少な過ぎる
  • 睡眠不足
  • 仕事内容が自分の能力と合っていない
  • 仕事以外で悩みを抱えている

人それぞれ原因は違うと思いますが、アナタが仕事でミスをする原因はなんでしょうか。まずは原因をハッキリさせて原因を取り除けないか考えてみましょう。
場合によっては転職も検討したほうが良いと思います。

仕事のミスが原因なら対策を考えよう

仕事のミスが原因で仕事に行きたく無いと思っているなら、ミスを減らす方法や仕事のやり方に変えましょう。
上司が話を聞いてくれる人ならまずは上司に相談しましょう。上司がどんな人でどんな経験があるかは分かっていると思いますので、アナタが担当している仕事の経験があればアドバイスしてくれるでしょう。
そもそもスキル不足ということも考えられますので、その時にはスキルを高めるための勉強も必要です。身近なとこで言うとExcelの勉強とかですね。
Excel関数を活用すれば手動で行なっていた作業を自動化することも可能です。ミスの多さを減らすためのやり方を色々調べてみましょう。
実は自分が知らないだけで仕事の効率化に使えるアプリや道具、パソコンの機能などはたくさんあります。
調べたり人に聞いたりしてミスを少なくできるようにしましょう。

生活習慣を見直してみる、睡眠や運動、食事

生活が乱れ過ぎて仕事に行きたくないと思ってしまう人もいます。たとえば睡眠不足などが原因の人が多いようです。
仕事の前日も夜更かししてゲームしているとか、夜遅くまで酒飲んでいるとか、なにをしようと人の自由なのですが、睡眠不足だとイライラしやすくなったり、やる気が出なかったり、そもそも眠いから働きたくないと思うのは当然ですね。遊びたい気持ちは分かりますが、仕事の前日はしっかり寝ましょう。休日に思いっきり遊べばいいので、メリハリが大事だと言えますね。
社会人は意識して運動しないと運動不足になってしまいます。運動不足は筋肉が衰えるので疲れやすくなり仕事に対するやる気が出ないことにつながったりします。
ジム行ったりジョギングしたりするのはけっこう大変なので、日常でもできる運動をやりましょう。エレベーターじゃなく階段を使うとか、自宅でできる軽い運動やストレッチをやるとか、近くの買い物なら歩いていくとかですね。
筋肉がないと人間は動けないので、思っている以上に運動って大事なんですが、現代人は忘れがちです。普段の生活のなかで意識して体を動かしましょう。

職場の人間関係に悩んでいるなら転職も視野に入れよう

職場に危ない人間がいたらすぐに転職しましょう。人間関係はどこにいってもありますが、アナタの人生を壊すような人間もいます。
他人を執拗に攻撃してくる危ないタイプの人間です。私も過去に4人ほど会いました。とにかく性格が悪く、無意識に他人を攻撃する性格の持ち主です。
他人のことは考えずに自分の欲を達することだけ考えてしまうタイプの人間が世の中には一定数いるのですが、そのような人間が近くにいたら人生壊されますので、さっさと逃げましょう。

人間関係で悩んでいる場合の対処法いろいろ

軽度の人間関係の悩みなら解決しやすいです。あなたの悩みの対象人物に思い切って近づいてみることも解決策のひとつです。
もし悩みの対象が上司ならその上司がどのような事に神経を向けているのか、なにを気にする人物なのか分析して、文句を言われそうなポイントを先回りして解決しておけば、小言を言われる事も少なくなるし、あなたへの絡みが少なくなります。
他には部署異動や転勤を願い出るなどの方法がありますが、夜勤がある会社なら勤務時間をずらして嫌な人と会わないようにすることでも解決につながります。
相手をよく知り分析するか、逆に距離をおくかの2択だと思います。

過重労働を押し付けられているなら転職しよう

過重労働を押し付ける会社は人がすぐやめていって、残された人に負担がかかってくる永遠の負のスパイラルが出来上がっています。
もしくは利益率が少なくて薄利の業界などは、そもそも人手を多くかけることができない場合もあります。人が少ない会社でシャカリキに仕事してポジションを獲得する昔ながらの方法もありますが、プライベートも重視したいならオススメできません。
転職を考えた方がよさそうですね。

仕事が忙しく、体力的に疲れていないか

仕事が忙しすぎて体力を削られ、会社に行きたくないと思う場合もあります。仕事量が多過ぎるとか人が少な過ぎて負担が多過ぎるとか、1人の従業員に対する仕事量が多過ぎる会社ってけっこうあります。経営状態に余裕のない会社だと仕方ないかもしれないですが、体壊す前に転職や長期休みなど考えてみてはどうでしょうか。

プレッシャーを感じていて心が疲れていないか

アナタの能力ではクリアできない仕事を与えられてはいませんか?そのような状態が続くとプレッシャーが心を疲れさせますよ。
そんな時は無理せず上司に相談してみましょう。「今の自分では無理です」と正直に言うのです。だいたいの上司は頑張って乗り越えろと言いますが、
きついので転職を考えているとか言えば、多少は考慮してくれることもあります。なんせ今は高齢化社会で人手不足ですからね。
会社を上手いように利用するくらいの腹黒さは必要ですよ。ま、とにかく無理は禁物です。

仕事にやりがいを感じられないなら転職しよう

仕事が面白くなさすぎる、自分に合っていない。このような気持ちで仕事を続けても得るものもなく成長もしないので、転職しましょう。
世の中に仕事の種類は星の数ほどありますし、会社の数もめちゃくちゃ多いです。アナタに合う仕事はどこかにあるので気長に探してみることをオススメします。

有給休暇を使って休もう、理由はなんでも良い

会社に行きたくないと感じたら休みましょう。理由はなんでもいいですが、なるべくリアルなやつを考えましょう。精神的にまいっているとか、倦怠感がひどくて動けないとか、親の体調が悪く介護しに実家に帰るとか、なんでもいいので有給休暇などを使ってしばらく休んではいかがでしょうか。
とにかく仕事から離れて自分を見つめ直して、今後どのような働き方をするのかをじっくり考えてみましょう。
ただしズル休みして南国旅行なんかに行っちゃうと、しっかり日焼けしてしまうので、バレなさそうな理由を考えてくださいね。

無断で休むのはまずい

無断欠勤はやめておきましょう。何週間も続くと解雇されてしまったりします。あなたの経歴にも傷がついてしまうので、休みを取るときは必ず会社に連絡をしておきましょう。

仕事を休んでリフレッシュする方法

リフレッシュの方法は色々ありますが、一番いいのは旅行でしょうね。
行ったことのない土地へ行き、いろいろな人とコミュニケーションしたりしてみる。1人で飲み屋に入ってみてその土地の人と話してみる。スナックとかに飲みに行ってみるのもいいですね。
海外旅行だと異文化なのでリフレッシュどころか考え方や価値観がひっくり返る可能性もあります。

休み明けで気が乗らない時の対処法

体調不良で休んでいいです。気分が乗らないのに無理すると精神病みます。
ほとんどの人は「頑張らないといけない・・・・。」と無理して会社に行きますが、精神病を発症する人がとても多くなっているのも知っておかないといけません。
自分のことは自分しか守れませんからね。

だれかに相談してみるのは良い

友達、家族、いきつけの飲み屋のママ、マスター。だれでもいいので悩みを話しましょう。
悩みが解決するとは限らないのですが、内に秘めた悩みを外に出す事によって心がスッーと軽くなります。不思議ですが本当です。

まわりにも伝わってしまうのは気にしない

会社行きたく無いと思っているのはあなただけではありません。他人にどう思われようとどうでもいいのです。やる気が起きないのに、無理やりやる気を出そうとしても出ませんよ。

部署異動しても解決しないことも多い

その会社があなたと合わないなら部署異動しても解決しません。会社を変えましょう。転職です。

集中力が低下する要因を消そう

会社や仕事が合わないのではなく、集中力を乱している要因が他にあるかもしれません。たとえば以下のような・・・

  • 借金返済で頭がいっぱい
  • SNS中毒
  • プライベートな悩みがある
  • 体調が悪い
  • 寝不足

どうでしょうか???悩みがあって仕事に集中できないのなら、まずは悩みを解決することから始めましょう。

仕事がたまらない究極の方法

ワンタスクに集中して片っ端から片付けていきましょう。
作業量が大きい仕事が舞い込んできたら、少しだけ手をつけておきましょう。少しだけ手をつけると作業の全容が見えてきます。

仕事を効率よくこなすための勉強をしよう

仕事がスムーズに進まずにやる気がでない場合もあります。無駄な作業が多いならエクセル関数を勉強してみましょう。
作業をかなり効率化できる場合が多いです。

リモートワークできるスキルを勉強してみよう

会社に行くのが面倒ならリモートワークできるスキルの勉強もオススメです。プログラマーなどいかがでしょうか。
向き不向きもありますし、かなりの熟練度も必要ですが、いつの時代も優秀なエンジニアは引っ張りだこです。

リモートワークや在宅での仕事に変えてみる

プログラマーじゃなくてもリモートワークできる会社が増えています。リモートワークの会社に転職を検討してみましょう。

会社の近くに引っ越すのはどうなのか?

通勤が面倒だと感じている人も多いです。思い切って会社の近くに引っ越してみましょう。家賃は高くなると思いますが、通勤時間が短くなればプライベートの時間も増やすことができます。睡眠時間も増えて精神安定につながることでしょう。

通勤の負担が大きいなら転職しよう

通勤時間が長いのが負担に感じているなら転職しましょう。

趣味でストレス発散してみよう

仕事はお金を稼ぐために割り切って趣味でストレス発散してみてはどうでしょうか?一週間に5日は割り切って仕事して、休日の2日で趣味に没頭する。
けっこう楽しい人生を送れそうですよね。

「仕事に行きたくない」という気持ちはどんどん大きくなる可能性がある

放っておくと仕事行きたくないって気持ちがどんどん大きくなる可能性が高いです。転職で心機一転することをオススメします。

集中力に欠け悪循環になるかも

仕事に行きたく無いという気持ちのまま続けてしまうと、集中力がどんどん低下するかもしれません。さらなる悪循環になってしまうので、
休職するか、転職するか、悩みの解決をするのか、かんらかのアクションを起こしましょう。

仕事に行きたくないのはうつ病の一歩手前かもしれない

気分が落ち込む、会社に行きたくない、休み明けに憂鬱な気分になる。これらはうつ病の入り口の可能性があります。
誰しも気分の上がり下がりはあるものですが、それがひどくなると精神疾患の可能性もあるので、まずは心療内科を受診してみましょう。

会社に行くだけで体調不良になる人は要注意

会社が近づくと吐き気がする、頭痛がするような人は要注意です。ストレスの影響が体に現れてくるのは少々深刻な状態かもしれません。
これらのような方も診療内科を受診してみましょう。

仕事に行きたくない時にモチベーションを無理に上げるな

仕事のタスクや義務に熱意を感じることは、時に難しいものです。特に、要求が多く、一見楽しくなさそうなときは、なおさらです。このような気持ちに圧倒されそうになったら、「やる気が出なくても大丈夫」と認識し、一歩引いてみることが大切です。無理にモチベーションを上げようとするのではなく、現状を受け入れ、必要に応じて調整することが有効な場合もあります。
休息をとることで、仕事に対する考え方が変わり、前向きな気持ちで仕事に取り組めるようになることもあります。休憩の取り方としては、深呼吸をする、午前中は休んでリラックスする、などさまざまな方法があります。休憩を取ることは、自分自身や自分の感情を見つめ直すだけでなく、新たな視点を得て、よりよい仕事の進め方を考える機会としても有効です。
また、仕事に対して冷静な態度をとることも効果的です。仕事が大変だと感じたり、難しいと感じたりすると、圧倒されて疲れてしまうのは当然のことです。仕事に対して無関心な感覚を築くことで、感情的な面を切り離し、より生産的な立場で仕事に向き合うことができるのです。さらに、その仕事は克服できるチャレンジだと考え、時間的・献身的に現実的な期待を持ち続けましょう。
つまり、やる気が出ないときは、それを認め、今の自分の感情を受け入れ、一歩下がって状況を判断することが大切なのです。さらに、仕事に対して冷静な態度をとり、達成可能な目標に落とし込みましょう。そうすることで、仕事に追われることがなくなり、やがて前へ進むことができるようになります。

辛いを我慢し続けるのは止めよう

私たちの日常生活で最も大きな葛藤のひとつが、仕事に行くことです。たいていの場合、私たちはどうしても行きたくありません。疲れがたまってくると、「しんどい」「つらい」と感じるものです。ベッドに寝て、テレビを見て、何もしないでいたいのです。
でも、なぜこんな不必要な苦痛を我慢するのでしょうか?我慢し続けるのはやめましょう。だるくて、足を引っ張って仕事に行くような気分ではなく、一日の始まりに、リラックスのための瞑想や集中力を高めるためのイメージトレーニングを行ってみましょう。毎日の目標を書き出し、それを達成するための計画を立てることを習慣にしてください。自分自身にポジティブな言葉をかけ、心を落ち着かせることで、1日の始まりに活力を与えてくれます。
あなたの成功のために、あなたを元気づけ、やる気を起こさせる人たちに囲まれてください。やる気が出ない、疲れていると感じたら、周囲の人たちが自分の気分にどのような影響を与えているかを確認し、短期的には距離を置いたり、あるいは起業して独立する、といった選択をする価値があるかもしれません。また、1日にもっとポジティブなエネルギーを注ぎ込むために、小さな変化を起こすこともできます。例えば、数分間瞑想したり、車での通勤をやめて徒歩で通勤したりするのもよいでしょう。
最後に、長期的な目標や変化を実現するには、時間がかかることを忘れないでください。結果が出るまでに数日かかるとしても、自分を責める必要はありません。どんな目標であれ、あきらめずに続けることで、必ず結果はついてきます。

仕事にやりがいを持てない、モチベーションがあがらない

仕事に疲れを感じたり、やる気が出ないということはよくありませんか?日々の活動にやりがいを感じられない、やる気が出ないというのはよくあることですが、それが常態化すると参ってしまいますよね。マンネリ化して仕事がしたくないと感じるのは、あなただけではありませんから、心配しないでください。ここでは、やる気を再発見できるかもしれないいくつかのヒントをご紹介します。

  • 自分の将来ビジョンを見つめ直してみる
  • 夢や目標を再認識してみる
  • プライベートの充実を考えてみる
  • 新たなスキルの獲得を計画する
  • 休日のリフレッシュ方法を変えてみる

いかがでしょうか?どれからでもいいので行ってみましょう。

感情のままに仕事を辞めてしまってもいいですか?

こんな思いを抱いたことはありませんか?”今日は仕事に行きたくない “と。私もそうでしたし、多くの人もそうです。でも、みんなやらなきゃいけないんです。でも、ただガマンして仕事をするだけでなく、もっとできることがあるのをご存知ですか?
思い切って仕事を辞めればいいのです。仕事に行き詰まりを感じることはよくあることで、別の仕事に切り替えることが満足度の向上につながるかもしれないのです。
しかし、仕事を辞める決断をする前に、経済的安定性、キャリアアップの見込み、ライフスタイルなど、さまざまな面から検討することが大切です。さらに、今の会社と円満に別れることは、より良い人脈を作る上でも有益です。
辞めるのであれば、なるべく会社とトラブルにならずに退職したいものですね。落ち着いた環境で上司に自分の決断とその理由を伝えましょう。さらに、組織内で何らかの差別やハラスメントを受けていると感じたら、この機会にそれに立ち向かうことも大切です。ただし立ち向かうことが大きなストレスになるようなら会社内の相談窓口に報告する程度にとどめても良いです。
結局のところ、組織で働き続けるかどうかの判断は、非常に個人的なものです。たとえ辞めることになっても、長所と短所を比較検討し、自分にとってベストな決断しましょう。

仕事に行きたくないと思ったらどうすればいいのか?

ベッドから起きて仕事に行くことの難しさに直面すると、ベッドにこもって一日を先延ばしにしたくなることがあります。しかし、仕事は人生に必要なものであり、つらいと感じても前に進むことが大切です。誰しもが圧倒されそうな日々に直面しますが、自分自身のモチベーションを上げるために時間をかければ、寝たきりになるか、外に出て生産的になるかの違いが生まれます。ここでは、仕事に魅力を感じないときでもモチベーションを維持するためのヒントをいくつかご紹介します。
まず、過去にどんな成功を収めたかを思い浮かべるのが効果的です。どんなに小さなことでも、達成した目標を思い浮かべ、それを前に進む原動力とするのです。
次に、たとえ落ち込んでいても、職場で成功し、進歩するチャンスはまだあることを忘れないでください。やってみれば、何が起こるかわからないのです。
最後に、成功や失敗をどうとらえるかによって、仕事への向き合い方が変わってくることを意識してください。落ち込んだときは、その状況を前向きにとらえ、自分が成長するチャンスだと考えるようにしましょう。そうすれば、たとえつらくても、ベストを尽くそうという気持ちになれるはずです。

仕事に行きたくないという気持ちはダメなのか?

いや、仕事に行きたくないというのは、間違ってはいないです。結局のところ、誰もが仕事から時折解放されたいと強く思います。ストレスやプレッシャーのかかる環境で働くと、圧倒され、緊張し、疲れ果ててしまうことがよくあります。このような感情が大きくなると、意気消沈し、仕事に行きたくないと強く思うようになります。
そんなときは、セルフケアを優先し、一歩下がって振り返り、新たな視点を得るための時間を持つことが極めて重要です。状況を客観的に評価し、仕事に対してよりリラックスした態度をとることで、自分の苦悩をよりよく理解し、エネルギーを再集中させ、仕事に意欲を取り戻せることが多いのです。さらに、このような時に、自分のキャリアパスがどのような方向に向かっているかを振り返り、職業人生において正しい道を歩んでいるかどうかを確認することも重要です。
結局のところ、仕事に行くか行かないかは、すべて私たち次第なのです。疲れる仕事からたまには解放され、自分を見つめ直すことは、この厳しい時代にぴったりのリフレッシュになるはずです。

仕事に行きたくないという気持ちは誰にでもあるのか?

そう、多くの人が「仕事に行きたくない」という気持ちを抱いているようです。長くて大変な1週間を過ごした後、多くの人が朝起きて仕事に行く意欲やエネルギーがわかないというのは理解できます。しかし、この感覚をうまくコントロールするのは難しく、多くのストレスや不安を引き起こす可能性もあります。
私たちは皆、毎日直面する個別の課題を抱えており、それを無視してはいけないということを忘れてはいけません。私たちは自分自身を大切にし、時には日々の仕事から離れることも必要かもしれないと認識する必要があるのです。
仕事に行きたくないという気持ちを抑えるには、さまざまなセルフケア活動が有効です。例えば、友人や家族と過ごす、十分な睡眠とリラックスをとる、楽しい活動に参加する、読書や音楽を聴くなど自分のための時間を確保する、などが挙げられます。定期的に休憩を取り、一日のうちで自分の健康に集中する時間を取ることで、良いメンタルヘルスを実践し、不安や悩みに対処することが重要です。

仕事に行きたくない時に気持ちを奮い立たせる方法

疲れがたまっていると、仕事に向かう意欲がわかないものです。しかし、目の前の仕事に取り組む意欲を感じられれば、1日をやり遂げるために必要な後押しになるはずです。ここでは、どうしても仕事に行きたくないときに、やる気を出すためのヒントをご紹介します。
自分で管理しやすい目標を設定する。気分が乗らないときにこれから先の時間を考えると、やる気が起きないかもしれません。しかし、達成可能な目標を持つことで、必要な後押しをすることができます。やらなければならないことを管理しやすい大きさに分解し、一歩ずつ前進させましょう。
業務を細分化してノートなどに書き出し、一つずつクリアしていけば気持ちもスッキリしてきますよ。

次に具体的な成功体験を思い浮かべる。目の前の仕事に集中するのではなく、過去の成功体験に目を向けてみてください。そうすれば、達成感や幸福感が得られ、さらに高い目標に向かって努力できるようになります。成功とは大きなものではなくごく小さな事柄で十分です。
定期的に休憩を取る。やる気と生産性を維持するためには、誰しも休憩が必要です。1日の中に休憩時間を設けるとよいでしょう。休憩時間は長くなくてもいいので、1日のうち5分でもいいので、リフレッシュした気持ちで戻ってきましょう。昼休憩に昼寝をすることも大きなリフレッシュ効果があります。
次にポジティブな人に囲まれることも重要です。あなたの周りの人々は、あなたがどの程度やる気を感じるかに大きな役割を果たすことがあります。職場のポジティブな人たちと一緒に過ごし、その人たちの熱意から恩恵を受けましょう。もし職場にポジティブな人がいなければ転職してみることも検討しましょう。
これらのヒントを参考に、仕事に行きたくないときでも、もっとインスピレーションとモチベーションを感じられるようになりましょう。

給与や待遇に満足できない時は転職しかない

給与や福利厚生に不満があると、会社に行くのが「きつい」「つらい」という気持ちが大きくなることがあります。残念ながら、給与や福利厚生の不満が解決しにくいい問題です。このような時に積極的に転職を決意することは、より合理的な解決策となります。
企業は、従業員が自分の努力に見合った報酬を必要としていることを理解しており、さまざまなレベルの給与や福利厚生を提供していることが多いのです。率先して転職先を探し、より良い報酬を得られる仕事に応募することで、あなたの仕事に対する満足度が高まり、より有意義な仕事ができるようになります。また、会社のオーナーやマネージャーに対して、自分が報酬のために一生懸命働くチームプレーヤーであることを示すことが効果的な方法です。
仕事に付随する給与や福利厚生を考えるだけでなく、応募する仕事の時間的制約や種類も考慮する必要があります。さらに現在の仕事に何が必要で、将来はどんな仕事が楽しいかを知ることで、十分な情報を得た上で決断することができます。また、採用されるために必要な時間も考慮に入れておく必要があります。例えば、面接に参加しなければならない場合、その役割に適した資格だけでなく、一定レベルの経験を持っていることが条件となる可能性が高いでしょう。
したがって、給与や待遇に満足できない場合は、これまで述べてきたすべての要素を考慮し、転職に必要な手段を講じることが重要です。そのためには、信頼できる同僚や友人からアドバイスをもらったり、転職に成功した人から経験談を聞くことも重要です。

転職エージェントの活用は転職には必須

新しい仕事を探すとき、転職エージェントを利用することは大きなメリットになります。転職エージェントは、転職市場のナビゲーターとして、粘り強く新しい職務を探し、新しい職務に移る際の法的側面もカバーしてくれるので、あなたが転職活動をする時の様々なストレスを取り除くことができます。
転職エージェントは様々なネットワークと専門知識を持ち、求職者に最適な機会や職務を紹介してくれるので、求職者の時間と労力を節約することができます。さらに、転職エージェントは求職者に対して、離職時の法的影響の理解、期待できる給与、最も有望な職務の探し方など、価値あるアドバイスを提供することが可能です。
転職エージェントを利用するもう一つの利点は、過去の応募記録を保管し、前回応募した求人よりも良い給与や機会を提供できる求人を提案してくれることです。さらに、求職者の履歴書を確認し、改善すべき点や追加すべき点をアドバイスすることも可能です。
転職活動をする上で、転職エージェントを利用することは非常に重要です。転職エージェントは、その経験と専門知識で、求職者に最適な転職のためのアドバイスとガイダンスを提供することができます。

世の中には色々な生き方、働き方があるのを知ろう

日々の仕事のストレスや困難さに直面すると、自分の人生の進め方に不満を感じてしまいがちです。しかし、忘れてはならないのは、誰の人生もキャリアパスも同じではないということです。世の中には「正しい」生き方や働き方というものはなく、各人がそれぞれの欲求に従って、自分で選択し、決断することができるのです。
自分のキャリアパスが他の人と大きく異なることがあっても、それはそれでいいのです。何が自分に喜びや達成感をもたらすかは人それぞれで、「一長一短」があることを知っていれば、自分に合ったものを見つけやすくなります。成功への道筋はさまざまであることを心に留めておくと、つらいときでもモチベーションを維持することができます。
また、社会人の多様な可能性を見ることで、他の人が歩んできた道からインスピレーションを得ることもできます。二兎を追うものは一兎をも得ず」ということわざがありますが、キャリアを選択する際には特にそう言えるでしょう。異なる視点や人生経験を持つ人に意見を求めることで、新しい道が開けるかもしれませんし、成功するための「正しい」方法などないのだということを教えてくれるでしょう。
仕事に行きたくないときは、他の人にインスピレーションを求めることができると知っておくことが大切です。成功にはさまざまな道があることを知ることで、やる気を取り戻し、世界にはさまざまな生き方や働き方があることを教えてくれるのです。

まとめ

仕事に行きたくなくて「きつい」「しんどい」と思ったらまずは行きたくない原因を考えて、本当にしんどい時には休みましょう。
自分で立ち直るのが難しそうなら心療内科などを受診し、精神面を整えてから転職も検討し、職場環境を変えてみる。
人間はちょっとしたストレスの積み重ねで精神のバランスを崩しがちです。職場を変えたり少し休んだりすることが、元気になるきっかけになることが多いので、
まずは無理せずにあなたを取り巻く状況を冷静に観察して、必要ならば環境を変えることをしましょう。